お好み焼きのソース

お好み焼きとソースは、切っても切り離せないもの。お好み焼きの味の決め手の一つがソースであることに間違いはありません。

お好み焼きのソースは、地域によって違いがありますが、やはりお好み焼きの代表が関西風と広島風であることから、お好み焼きのソースも、この地域で開発されたものが主流となっています。

お好み焼きのソースとして有名なものの例として、「オタフクソース株式会社」の「お好みソース」があります(お好み焼き用ソースとして「オタフクソース」と呼ぶ場合は、通常はこれを指します)。これは広島市のメーカーで、広島風お好み焼きに多く使われていますが、現在では関西風お好み焼きでも多く使われるようになっています。

オタフクソース株式会社は、お好み焼き店・たこ焼き店を出店したい人のために「お好み焼き・たこ焼き研修センター」を全国7カ所に設置しているほか、社員教育の一環として、お好み焼きを食べさせたり作り方を指導したりしています。さらには社内資格として「お好み焼士」マイスター制度を導入するなど、とにかくお好み焼きに力を注いでいる、まさにお好み焼きのためにあるような会社。オタフクソースが全国的にヒットするのも頷けますね。

お好み焼きのソースの味

お好み焼きは、ソースなしでは語れません。特にお好み焼きの本場である関西や広島では、お好み焼き本体はもちろん、ソースの味をも追求してきました。

お好み焼きのソースの採用の仕方には、大きく分けて次の2通りがあります。
・メーカー製のソースをそのまま採用する。
・複数の種類のソース(時にとんかつソースやウスターソースなども)をブレンドし、その店のオリジナルの味を出す。

稀に、ソースを手作りするというケースもあるようです。

お好み焼きのソースのメーカーの代表例としては、
●関西
 ・イカリソース(大阪市)
 ・オリバーソース(神戸市)
 ・オタフクソース(広島市)
●広島
 ・オタフクソース(広島市)
 ・カープソース(三次市)
 ・サンフーズ(広島市)
 ・センナリ(広島市)

上記のほかにも、全国各地の「地ソース」がお好み焼き用として親しまれています。

スポンサードリンク